打撃指導

【従来の指導の問題点】

「その打ち方、自分の潜在能力を十分に使えていますか?」

良い打者には、共通するフォームの特徴があります。

しかし、ただフォームを真似するだけでは個々の身体能力を十分に発揮できていないことが多く、場合によってはケガにもつながりかねません。特に成長期を迎える子どもはそのリスクが非常に高くなります。

【WINの指導方針】

野球教室のWINでは、以下の指導の流れにより効率の良い身体の使い方を理解することで

【自分の能力が最大限に出せる打ち方】を習得できます。

【指導の流れ】

①要望聞き取り、ウォーミングアップ(約10分)

現在の状態を把握し、「こうなりたい」という要望をお聞きします。

その後、ウォーミングアップ(ストレッチ指導付き)を行います。

②打撃フォーム撮影・フォードバック(約3分)

まず、実際にボールもしくはシャトルを打ってもらいます。

同時に打撃フォームをスロー動画で撮影・チェックし、理想のフォームと比較して「どこがどう違うか」を明確にします。

③身体チェック(約10分)

次に、理想のフォームを獲得するために必要な「身体の使い方や柔軟性・筋力など」を評価します。これにより「自分に何が足りないのか」を把握することができます。自宅でも簡単にセルフチェックすることができる方法もお伝えします。

④パーソナル指導(約30分)

個々の身体に応じたパーソナル指導を徹底して行います。ここでは自分の身体の変化を感じてもらいながら、効率の良い身体の使い方を習得していただきます。

⑤打撃フォーム撮影・フォードバック(約3分)

再度、打撃フォームをチェックします。指導前との違いを“見て”実感していただきます。

⑥まとめ(約5分)

最後に、自宅で簡単に行えるエクササイズを指導させていただきます。これにより効果が持続するだけでなく、「さらなるレベルup」につながります。

()内の所要時間は目安です。各個人に応じて変わることがあります。

​打撃指導が可能なトレーナー

理学療法士、関西大学第一高等学校トレーナー

矢部トレーナー

こんにちは、トレーナーの矢部です。

今まで『感覚だけの指導』を受けられてきたのではないでしょうか?例えば、指導者から「下半身をドシッとして投げろ」や「カベを作るように開きを我慢しろ」と言われたことはありませんか?一方で、指導現場でよく言われる「下半身を使う」や「カベを作る」の意味を理解し、動きを習得できていますか?

感覚はもちろん大切ですが、全員に当てはまる感覚は存在しません。

しかし、運動学や解剖学などは全員に共通するものです。私は理学療法士の視点から運動学的に投球・打撃フォームを分析し、解剖学的な観点から身体の特徴を把握することができます。

それにより、各個人に合ったフォームやストレッチ・トレーニング指導を受けることができ、パフォーマンスの向上だけではなくケガの予防にもつながります。

今までにない身体の変化を是非体験してみてください!

優しく細かい指導者

野口トレーナー

はじめましてトレーナーの野口はじめましてトレーナーの野口です。

私は高校までの12年間野球を続けておりました。その中でケガをしたりたくさん悩むこともありました。

今、柔道整復師/アスレティックトレーナーとして身体に関する知識を学び、当時の自分へ伝えたいことはたくさんあります。

野球のことだけでなく、野球に関わるトレーニングやセルフケアなどそういった内容もお伝えしたいと思います!

筋肉が自慢のトレーナー

田中トレーナー

こんにちは、トレーナーの田中です。

子供達の皆さまに伝えたいことはもっと野球を楽しんで欲しいという事です!

「もっと遠くに飛ばしたい・強い打球を打ちたい」など、もっと上手くなりたいと思っていると思います。

チームの仲間より上手になりたいならチーム練習以外の自主練習で差をつけるしかありません!そこで、私の経験を多くの子供達に伝えてたいと思っております。

私が小中学生の時、練習が終わったあと毎日のように夜遅くまでバッティング練習をやっていました。その結果仲間との差が付き、私立高等学校に特待生として入学することができ、親孝行をすることができたと思います。

また高校では指導者に恵まれ、コーチの方は甲子園にレギュラーとして4回出場され東京ガスでコーチまでされた方からバッティングを教わり、数十本のホームランを打つことができました。

私が持つ知識、経験を皆さまにお伝えして行きたいと思います。

今までない飛びを手に入れてください!

理学療法士、柏原ボーイズコーチ

谷口トレーナー

はじめまして

谷口 雅仁と申します。

僕は10年ほど野球をしてきて、僕自身は大きな怪我はしなかったのですが、チームメイトで怪我に苦しむ選手をたくさん見てきました。怪我をしてしまうと大好きな野球ができずもどかしい思いをしてしまいます。そこで僕たちはどうしたら怪我を未然に防げるか、いわゆる傷害予防に目をつけました。

小学生の頃から怪我をしない身体づくりや基本動作を身に付ける事は自らのパフォーマンスの向上にも繋がると考えます。

そこで、理学療法士という視点から個々の選手たちに応じたトレーニングや動作指導をしていけたらと思います。

元PL学園高等学校球児

河原トレーナー

はじめまして。トレーナーの河原と言います。

中学生の頃は、バッティングで体が開くことでアウトコースのストレート、変化球が打てなくて悩みました。

それに対して体をしっかりピッチャーに向けて入れていく事と、ボールの内側を打ちに行くことを監督から指導していただき、その結果、アウトコースはライト方向にインコースはレフト方向に

ヒット、ホームランが増え、数多くの高校から推薦を得られるまでに成長しました。

なので野球教室のWinではその選手にあった指導法を考え、一人一人に指導していきたいと思います。

元独立リーガー、常磐大学コーチ

大石トレーナー

はじめまして。

この度は、野球教室のWINにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

先ず、子どもたちに一番に伝えたいことは

「正しい身体の使い方がパフォーマンスを高める唯一の方法だ」ということです。

怪我に繋がる身体の動作、身体の癖は必ずあります。

その動作を細かく分析し、子ども達に丁寧に解説、そして理解を深めてもらい、改善へと繋げることが、私たちの役割です。

私自身も小学生の頃に、野球肘、剥離骨折、中学生の頃には、腰椎分離症と野球で大きな怪我をしました。

あの頃に、こんな野球教室があればという思いから、当野球教室を開校しました。

同じ悩みを持つお子様は必ずいると思います。

その子どもたちにとって、パフォーマンス向上に繋がる身体の使い方、傷害予防に繋がる指導を提供させて頂きます。