走塁指導

【従来の走り方の問題点】

「その走り方のフォーム正しいですか?」

速く走るためには、共通するフォームの特徴があります。

ただ目一杯に腕を振ることや、地面を蹴るなどを意識するだけでは、余分な力が体に入り、速く走ることには繋がりません。むしろケガをするリスクを上げてしまいます。特に成長期を迎えるお子様の、膝や足首を痛める確率が非常に高くなります。

【WINの指導】

そこでWINでは、お子様の体のメカニズムを意識した運動理論に基づく指導により、怪我なくかつ速く走ることを実現し、その結果、試合での好走塁を生み出すような指導をさせていただきます。

【指導の流れ】

①要望聞き取り、ウォーミングアップ(約10分)

現在の状態を把握し、「こうなりたい」という要望をお聞きします。

その後、ウォーミングアップ(ストレッチ指導付き)を行います。

②走り方撮影・フォードバック(約3分)

まず、走り方フォームを動画で撮影・チェックします。

理想のフォームと比較し、「どこがどう違うか」を明確にします。

③パーソナル指導(約40分)

速く走るために必要なドリルを徹底的に行います。

スタート時から足が後ろに流れない(カール)しないような走り方を取得してもらいます。

④走り方フォーム撮影・フォードバック(約3分)

再度、走り方フォームをチェックします。指導前との違いを“見て”実感していただきます。

⑥まとめ(約5分)

最後に、自宅で簡単に行えるエクササイズを指導させていただきます。これにより効果が持続するだけでなく、「さらなるレベルup」につながります。

()内の所要時間は目安です。各個人に応じて変わることがあります。

走塁の指導が可能なトレーナー

大石トレーナー

【野球歴】15年 

【球歴】

・大淀ボーイズ 

・葛城JFKボーイズ 夏の全国優勝メンバー 

・関西大学第一高等学校  

・八戸学院大学 明治神宮大会出場 

・プロ野球独立リーグ「富山GRNサンダーバーズ」 

・カリフォルニアウィンターリーグ「Blue SOx」 

・プロ野球独立リーグ「茨城アストロプラネッツ」


中学時代から野球寮に入り、野球漬けの日々を過ごした。 三年時に夏の全国制覇を経験。 

高校、大学と硬式野球部に入り、セカンドのレギュラーとして活躍。 大学卒業後、S&C(ストレングスコーチ)によるトレーニング指導、走り方指導を受講する。 自己流ではない正しいトレーニング指導や走り方の指導が可能。 

現役に拘り、プロ野球独立リーグのテストを受け合格。 オフシーズンには、アメリカを渡りウィンターリーグ準優勝の結果を残した。ショートのレギュラーとして、チームに貢献。 

茨城のチームに移籍し、セカンドのレギュラーとして約70試合に出場。 シェアなバッティングと得意の守備でチームに貢献した。

元独立リーガー、常磐大学コーチ