​WINのトレーナー

arrow&v

矢部トレーナー

理学療法士、関西大学第一高等学校トレーナー

​得意な指導メニュー

打撃、投球、フィジカルトレーニング

野球人生

【活動】

高校野球部トレーナー

甲子園大会メディカルサポート

スイングスピードに関する研究・学会発表

【経歴】

野球歴:10年 指導歴:7年

関西大学第一中学校→関西大学第一高等学校→大阪府立大学

【保有資格・受講コース】

理学療法士(国家資格)

スポーツ医学検定1級

JCCA ベーシックインストラクター

【所属学会】

日本理学療法士協会、日本体力医学会、日本整形外科スポーツ医学

​あいさつ

こんにちは、トレーナーの矢部です。

今まで『感覚だけの指導』を受けられてきたのではないでしょうか?例えば、指導者から「下半身をドシッとして投げろ」や「カベを作るように開きを我慢しろ」と言われたことはありませんか?一方で、指導現場でよく言われる「下半身を使う」や「カベを作る」の意味を理解し、動きを習得できていますか?

感覚はもちろん大切ですが、全員に当てはまる感覚は存在しません。

しかし、運動学や解剖学などは全員に共通するものです。私は理学療法士の視点から運動学的に投球・打撃フォームを分析し、解剖学的な観点から身体の特徴を把握することができます。

それにより、各個人に合ったフォームやストレッチ・トレーニング指導を受けることができ、パフォーマンスの向上だけではなくケガの予防にもつながります。

今までにない身体の変化を是非体験してみてください!

野口トレーナー

優しく細かい指導者

​得意な指導メニュー

打撃、投球、フィジカルトレーニング

野球人生

徳島松南(ヤングリーグ)

→岡山理大附属高校

ポジション:捕手

​あいさつ

はじめましてトレーナーの野口はじめましてトレーナーの野口です。

私は高校までの12年間野球を続けておりました。その中でケガをしたりたくさん悩むこともありました。

今、柔道整復師/アスレティックトレーナーとして身体に関する知識を学び、当時の自分へ伝えたいことはたくさんあります。

野球のことだけでなく、野球に関わるトレーニングやセルフケアなどそういった内容もお伝えしたいと思います!

田中トレーナー

筋肉が自慢のトレーナー

​得意な指導メニュー

打撃、投球(野球、ソフトボール)、フィジカルトレーニング

野球人生

野球歴:9年 内野手・外野手

ソフトボール歴:5年 投手・外野手

長崎鎮西学院高等学校

小学3年生からソフトボールを始め、小学6年生の時投手として選抜チームで九州大会3位

西日本大会優勝チームを倒す。

鎮西学院では5番バッターとしてチームに貢献した。

現在もソフトボール、軟式野球に取り組む。

​あいさつ

こんにちは、トレーナーの田中です。

子供達の皆さまに伝えたいことはもっと野球を楽しんで欲しいという事です!

「もっと遠くに飛ばしたい・強い打球を打ちたい」など、もっと上手くなりたいと思っていると思います。

チームの仲間より上手になりたいならチーム練習以外の自主練習で差をつけるしかありません!そこで、私の経験を多くの子供達に伝えてたいと思っております。

私が小中学生の時、練習が終わったあと毎日のように夜遅くまでバッティング練習をやっていました。その結果仲間との差が付き、私立高等学校に特待生として入学することができ、親孝行をすることができたと思います。

また高校では指導者に恵まれ、コーチの方は甲子園にレギュラーとして4回出場され東京ガスでコーチまでされた方からバッティングを教わり、数十本のホームランを打つことができました。

私が持つ知識、経験を皆さまにお伝えして行きたいと思います。

今までない飛びを手に入れてください!

谷口トレーナー

理学療法士、柏原ボーイズコーチ

​得意な指導メニュー

打撃、守備、フィジカルトレーニング

野球人生

【野球歴】

大阪柏原ボーイズ

上宮太子高校

小学校から野球を始め、中学ではボーイズリーグ、上宮太子高校では春季大会時に6番ライトとしてベスト4に貢献した。

大学では理学療法学を専攻し、課外活動としてアスリートケアに所属し、甲子園大会や数々の講演会などで障害予防やスポーツリハビリにおける知識や技術を学んだ。

​あいさつ

はじめまして

谷口 雅仁と申します。

僕は10年ほど野球をしてきて、僕自身は大きな怪我はしなかったのですが、チームメイトで怪我に苦しむ選手をたくさん見てきました。怪我をしてしまうと大好きな野球ができずもどかしい思いをしてしまいます。そこで僕たちはどうしたら怪我を未然に防げるか、いわゆる傷害予防に目をつけました。

小学生の頃から怪我をしない身体づくりや基本動作を身に付ける事は自らのパフォーマンスの向上にも繋がると考えます。

そこで、理学療法士という視点から個々の選手たちに応じたトレーニングや動作指導をしていけたらと思います。

河原トレーナー

元PL学園高等学校球児

​得意な指導メニュー

打撃、守備

野球人生

【野球歴】

摂津リトル

摂津シニア

PL学園高等学校

履正社医療スポーツ専門学校(社会人野球)

​あいさつ

はじめまして。トレーナーの河原と言います。

中学生の頃は、バッティングで体が開くことでアウトコースのストレート、変化球が打てなくて悩みました。

それに対して体をしっかりピッチャーに向けて入れていく事と、ボールの内側を打ちに行くことを監督から指導していただき、その結果、アウトコースはライト方向にインコースはレフト方向に

ヒット、ホームランが増え、数多くの高校から推薦を得られるまでに成長しました。

なので野球教室のWinではその選手にあった指導法を考え、一人一人に指導していきたいと思います。

大石トレーナー

元独立リーガー、常磐大学コーチ

​得意な指導メニュー

打撃、守備、走塁

野球人生

【野球歴】15年 

【球歴】

・大淀ボーイズ 

・葛城JFKボーイズ 夏の全国優勝メンバー 

・関西大学第一高等学校  

・八戸学院大学 明治神宮大会出場 

・プロ野球独立リーグ「富山GRNサンダーバーズ」 

・カリフォルニアウィンターリーグ「Blue SOx」 

・プロ野球独立リーグ「茨城アストロプラネッツ」


中学時代から野球寮に入り、野球漬けの日々を過ごした。 三年時に夏の全国制覇を経験。 

高校、大学と硬式野球部に入り、セカンドのレギュラーとして活躍。 大学卒業後、S&C(ストレングスコーチ)によるトレーニング指導、走り方指導を受講する。 自己流ではない正しいトレーニング指導や走り方の指導が可能。 

現役に拘り、プロ野球独立リーグのテストを受け合格。 オフシーズンには、アメリカを渡りウィンターリーグ準優勝の結果を残した。ショートのレギュラーとして、チームに貢献。 

茨城のチームに移籍し、セカンドのレギュラーとして約70試合に出場。 シェアなバッティングと得意の守備でチームに貢献した。

​あいさつ

はじめまして。

この度は、野球教室のWINにご興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。

先ず、子どもたちに一番に伝えたいことは

「正しい身体の使い方がパフォーマンスを高める唯一の方法だ」ということです。

怪我に繋がる身体の動作、身体の癖は必ずあります。

その動作を細かく分析し、子ども達に丁寧に解説、そして理解を深めてもらい、改善へと繋げることが、私たちの役割です。

私自身も小学生の頃に、野球肘、剥離骨折、中学生の頃には、腰椎分離症と野球で大きな怪我をしました。

あの頃に、こんな野球教室があればという思いから、当野球教室を開校しました。

同じ悩みを持つお子様は必ずいると思います。

その子どもたちにとって、パフォーマンス向上に繋がる身体の使い方、傷害予防に繋がる指導を提供させて頂きます。